国産ソファと海外製ソファの違い

ソファには様々な種類がありますが、ソファを購入するときには生産国もチェックすべきだと言えます。国産のものは日本人に合ったサイズ感のものや、造りが丁寧なものが多いです。しかしながら、どのソファがどの国でつくられているか見極めることは難しいと感じるかもしれません。国産のソファの見分ける方法をあらかじめ知っておき、納得できる製品を選ぶことができるようにしておきましょう。

こだわりの日本製(Made in Japan)
北欧系のオシャレなソファ・家具多数!
『家具ライフ』はコチラ

国産かどうかのチェック方法

まず簡単なのは商品説明などから生産国を確認する方法です。特に新品で購入する場合はこの方法でチェックできるケースが多いと言えます。確実にどこでつくられたものなのか知ることができるので、まずは商品説明に記載されているかどうかチェックしてみましょう。見つからないときはショップで店員さんに尋ねたり、インターネットの場合は、電話やメールで確認すれば良いでしょう。

インターネットで販売されている場合、JANコード(白と黒のバーコードに番号が付与されているもの)が記載されている場合があります。このコードは商品の発売元、製造元がどこの事業者(企業)か、何の商品かということを識別するコードとなります。「45」または「49」から始まる番号であれば、事業者が日本ということになります。原産国、製造国を表しているわけではありませんが、一つの参考となります。

国産ソファ、海外製ソファの特徴

国産ソファは座面の高さやクッションの感触などにこだわっているケースが多く、日本でつくられた商品は日本人に合わせてこれらを調整しています。割とコンパクトに機能性を重視し、耐久性を高めたものが多い印象です。

一方、欧米などは広々とした家であるケースが多いため、デザインソファのサイズ(幅や座面)も大きいものが多いです。デザインでは、例えば、アンティーク調のものであればヨーロッパ特有の感性でつくられたものが多くあります。

中国製の場合は、同じアジアということで日本製と同じようなサイズで作られるものが多いです。日本製との違いは、やはり品質の部分にあります。中国製の全ての商品ではありませんが、価格が安いものでは、一見写真を見る限りは良さそうに思いますが、カバーを外してみるとカバーの中のウレタンがボロボロになっていたり、数か月、数年使用していると、座面のスプリング(ばね)がウレタンを突き破り、座面が部分的にデコボコになることもあります。

ソファを購入する際は、国産ソファと海外製ソファの特徴を理解した上で、製造国やデザイン、サイズ等をチェックしてみてください。当サイトでも日本人にあった高品質の国産ソファを多数掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

こだわりの日本製(Made in Japan)
北欧系のオシャレなソファ・家具多数!
『家具ライフ』はコチラ

タイトルとURLをコピーしました