ソファーの選び方について

ソファーは家具の一種ですが、それがあるだけで家の中の高級感が増すくらいの存在感を放ちます。しかし、様々な種類があるので、購入する際にはどのようなものにすればよいのか迷うこともあります。例えば一人暮らしをする際のものと、家族で暮らす場合の物とも購入する大きさなどが異なります。そして素材などにも違いがあります。

こだわりの日本製(Made in Japan)
北欧系のオシャレなソファ・家具多数!
『家具ライフ』はコチラ

ソファの構造

まずはソファーはどのような構造で作られているのでしょうか。
まずは骨組みから紹介します。一般的な構造は、木製のフレームによってつくられています。全体の骨組みがまず作られて、だいたいの形になります。そして完成した骨組みの上に「ウレタンフォーム」というスポンジ素材のでカバーをして、クッションを作るのです。

座った際に弾力性があるのがソファーの魅力ですが、木製のフレームに「衝撃吸収材」を組み合わせています。そのため座った時に弾力性を感じるだけではなく、衝撃を吸収するようになります。さらに耐久性に加えて長時間座っていても疲れないような座り心地を安定させる役目があります。ここで使われている「衝撃吸収材」には、いくつか種類がありますが、主にコイルスプリングと呼ばれるものや、ウェービングテープに加えS字ばねと呼ばれるもののどれかが主に使用されているのです。

ライフスタイルに合わせサイズ選択

では、選び方を紹介します。種類は3人掛けサイズや2人掛けサイズ、1人掛けサイズなど様々です。家族で暮らすのであれば、2人用以上を選ぶのが理想でしょう。子供がいる家庭であれば3人がけ以上がいいかもしれません。サイズは3人掛けは約170センチメートルから200センチメートルくらいが一般的です。

2人掛けサイズは、150センチから170センチくらいの長さになります。1人掛けサイズは70センチから90センチくらいの大きさが一般的です。部屋が狭いのに無理をして大きなものを購入すると運び入れる際に大変になることもあります。

さらに運び入れた後も、サイズの大きなソファーは場所を取るために、部屋が狭くなることもあります。自分が住む部屋に対応した大きさのものを選ぶことを心がけたいものです。そしてあまり大きなサイズを選ぶと、生活動線に影響が出ることもあるのです。

自分自身が部屋の中でスムーズに動くことが出来るサイズを選ぶのが理想的です。生活動線のことも考えてサイズを選ぶようにしましょう。このようにソファーは自分にマッチしたサイズを選ぶことが重要です。

こだわりの日本製(Made in Japan)
北欧系のオシャレなソファ・家具多数!
『家具ライフ』はコチラ

タイトルとURLをコピーしました